So-net無料ブログ作成
検索選択

ReadyNAS Ultra 6 全HDDを3TBに換装 まとめ [PC <パソコン:ハード/ソフト>]

 ReadyNAS Ultra 6 (X-RAID2 で冗長) の HDD をすべて WD30EZRX に換装してました件、無事終了しました。

 今回は前回(約一ヶ月前)の続きで、6台中の残り4台の交換でしたが、前回からの流れでまとめると、(赤字は操作が必要な作業等)

 1台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期
 2台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期 → 再起動 → 容量拡張 → 再同期
 3台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期 → 再ストライプ → 容量拡張
 4台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期 → 再ストライプ → 容量拡張
 5台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期 → 再ストライプ → 容量拡張
 6台目 旧HDDの取外し → 新HDDの取付け → 再同期 → 再ストライプ → 容量拡張

 ということでした。一回の再同期に約8時間。再ストライプに約8時間。容量拡張に約2時間かかり、トータルするとすごい時間になりましたが、やることはそんなになくて、ほとんどおまかせ自動でやってくれますので楽です、ホットスワップなので電源を落とす必要もありません。再同期、再ストライプ、容量拡張、どれをやっている間でも、NASとして普通に使えますが、使えばもちろん処理に余計な時間がかかりますので今回はなるべく余計なアクセスしないようにしました。

 最終的に容量 13,889GB になりました。Windows7 のエクスプローラーでみると、13.5TB です。今回の4台換装前の容量が 10,178GB ですから、3,711GB 増えました。外した HD204UI はデータのバックアップ用に使います。RAID で安心できるかというと、確かに HDD が壊れるトラブルに対しては安心できるのですが、NAS自体が壊れたときにデータを吸い出すことが出来るかというと難しいので、やっぱりバックアップは必要ですからね。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

なむち

あぁ。つまり3TBを6台突っ込んでも16TBを超えないので
再初期化の必要はないということですね?
するとExt4になるのはまだ少し先か・・・。
by なむち (2011-08-28 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。